プロフィール

寺本圭佑(てらもとけいすけ)

京都市出身、横浜市在住。15歳から雨田光示氏にハープを師事。坂上真清氏からネオ・アイリッシュ・ハープを学ぶ。アイルランドやスコットランドでシボーン・アームストロング、アン・ヘイマン、ビル・テイラー各氏から金属弦ハープの手ほどきを受ける。音楽学を樋口隆一氏に師事し、資料研究の方面からもアイリッシュ・ハープの歴史と真実を追求。

18世紀以前のアイリッシュ・ハープの研究により芸術学博士(明治学院大学大学院)。

研究に基づいた長い爪の伝統的演奏様式、アイリッシュ・ハープの美意識にこだわった繊細な表現で、現地アイルランド人からも「アイルランドの心をもった」奏者と評される。

1000年の伝統を持ちながら、19世紀末に伝統が途絶えた「金属弦アイリッシュ・ハープ」を専門とし、この楽器の魅力を伝えるため、全国で演奏やレクチャーコンサート、ワークショップを展開、普及活動に献身。

京都と横浜で金属弦ハープ教室を開講し、のべ170名を超える生徒を指導。小型ハープのための曲集を5冊編纂。

2010年から15年度まで明治学院大学文学部芸術学科非常勤講師として楽器の歴史を教える。

近年では、演奏と研究、教育だけでは飽き足らず、小型金属弦ハープの製作にも取り組んでいる。

2015年にはドイツの古楽ハープ製作者エリック・クラインマン氏の元でベーミッシュ・ハルフェ(ボヘミアン・ハープ)を製作。

2016年、京都平野神社の委嘱で京都の桜で製作した金属弦ハープを製作。奉奏ののち奉納し、毎日新聞、NHK等、各メディアに大きく取り上げられる。

2017年、BS-TBS「こころふれあい紀行~音と匠の旅~」第159回「ケルトの音色を現代に」にアイリッシュ・ハープ研究家として出演。

『ケルト文化事典』(東京堂出版)の「ハープ」「オカロラン」等の項目を担当。

広告