99台目 アルダー製金属弦ハープ、24弦完成!

富山から京都教室に通われている生徒さんのご依頼で、24弦の金属弦ハープを製作しました。

今年5月に放送されたBS-TBS「心ふれあい紀行 ケルトの音色を現代に」をご覧いただいた方で、ぜひハープに絵付けをしてほしいとのことで、妻の中井智子に抽象的な装飾模様を施してもらいました。今は少し硬めの音ですが、弾いていくうちにまろやかな音色に変わっていくと思います。

 

2017年10月に製作した99台目、24弦金属弦ハープのサンプル音源

ハープ製作、演奏:寺本圭佑、日本画絵付:中井智子
音域:C3-E6 (A=440Hz)
弦間:11mm
総重量:2300g
共鳴胴:アルダー(高さ560mm,幅275mm,厚さ55mm)
寝かせた時の高さ:450mm
ネック:サペリ
支柱:ヒノキ
裏板:サペリ

2017年10月31日iPhone 6s で録音。

Wire strung harp with 24 strings (op.99) by Keisuke Teramoto
Body: Alder (Alnus)
Neck, Back:Sapele (Entandrophragma cylindricum)
Pillar: Hinoki
Range:C3-E6 (A4=440Hz)
weight:2300g
string spacing: 11mm
paintings: Nakai Tomoko

アイリッシュハープの演奏、講演、レクチャーコンサート、ワークショップ、個人レッスン、小型金属弦ハープ製作、各種受け付けております。まずはご相談を。
アイリッシュ・ハープ奏者、研究者、教師、製作者寺本圭佑

queenmaryharp@gmail.com (寺本)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中